PFPには老後資産形成のプロがいる。

PFPのIFAになるとは

金融マンとして人生が変わります。

IFAになることは、会社から独立し、個人経営者になることを意味します。会社勤めの金融マンと違って、会社のブランド力に頼っての営業活動はできません。また、幅広い知識や経験を要するため、新卒者や全く異なる業種からIFAとして独立するのは難しい面があります。それらはIFAのデメリットと言えるでしょう。

しかし、IFAにはそれを補って余りあるメリットがあります。

まず、これまで会社に課せられていた手数料ノルマや、会社のための勉強会、業務の本質には不必要な会議もなく、純粋にアドバイザーとしてお客様に向き合う時間が取れるようになります。

また、IFAには転勤がありません。とくに家庭を持つサラリーマンにとって、転勤は家族の負担を強いるものであり、高齢化の進む昨今、介護離職の問題もクローズアップされています。その点、IFAはそうした不安がなく、担当するお客様の資産形成を生涯にわたって継続的にサポートでき、また自身もフィナンシャル・アドバイス業務を一生の仕事として続けることができるのです。

とくにIFAは、電話やメールで本社のサポートデスクと連絡が取りあえるため、育児や介護と仕事を両立しながら、社会で活躍したい女性FAにも向いています。

自身の知識や経験をお客様のために活かし、時間を有意義に使えることがIFAという業務形態の最大のメリットです。

サラリーマン時代を上回る収入が十分期待できる。

ファイナンシャル・アドバイザーとして独立するうえで、多くの方が心配されることは収入面の不安です。実際、会社から給与を得るサラリーマンとは違い、毎月一定額の収入が保証されるものではありません。現に弊社のIFAにもご家族や会社の上司から反対されたケースはあります。

しかし、金融業界で経験を積まれた方がIFAになってみれば、そのハードルは意外と低かったと思うのではないでしょうか。弊社IFAの例では、前職の証券会社で与えられたミッション(手数料ノルマ)の1/5〜1/6で、場合によっては1/10でも前職サラリーよりも多い収入を得られています。

また、弊社の登録IFAの離職率は約5%未満であり、大多数のIFAがサラリーマン時代とは違った大きなやりがいと自身の生活の充実を実感しながら業務に当たっています。
皆さんの金融マンとしての人生に、大きな変革をもたらすのがIFAという働き方です。まずは当社の募集窓口や説明会にて、ご相談ください。

契約の流れ

私たちは「真のお客様重視」の理念を共にするIFAの皆様が、個々の能力を最大限発揮できる環境づくりにつとめています。
独立したファイナンシャル・アドバイザーとしてお客様とWIN-WINの関係を築き、金融界の未来を開拓していきましょう。

  • HP内の問い合わせフォームで問い合わせ、もしくは、弊社採用担当者に電話で問い合わせ
  • リクルート担当者および、役員と面談
  • 必要書類を提出(履歴書など)
  • 外務員登録、および、業務委託契約締結等

 

boshu_yoko46

 

PAGETOP
Copyright © Prudent Financial Partners Co.Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.